乳酸菌の種類

乳酸菌の種類

 

一般的によく知られている乳酸菌はヤクルト菌やビフィズス菌ですが、他にも多くの種類の乳酸菌が存在します。そこで、今回は乳酸菌について紹介します。 

 

乳酸菌は大きく動物性と植物性の2種類に分類されます。前者は動物の糖分をエネルギー源としておりチーズやヨーグルトなどを発酵させます。一方、後者は植物性の糖分をエネルギー源としており、醤油や味噌などを発酵させます。このように、食品によって乳酸菌は使い分けられているのです。

 

さて、エネルギー源が異なる動物性・植物性の乳酸菌ですが大きな違いがあります。動物性乳酸菌は熱や胃酸に弱く、腸につく前に分解されてしまいますが、植物性乳酸菌は熱や胃酸に強いのため途中で分解されずに腸にたどり着きます。そのため、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が効率的に摂取できるのです。 

 

あるデータによると1960年代の日本人は、大腸がんの患者数が少なかったそうです。原因は和食中心の食生活だったために、悪玉菌の活動が抑えられていたためと考えられています。悪玉菌は肉などをエネルギー源として活動しておりますが、和食にはそのエネルギー源となる食品が少ないのです。味噌や納豆など、乳酸菌を豊富に含む食品が多い和食が健康食として優れていることがわかりますね。皆さんも和食を意識して食べてみてはいかがでしょうか。