健康な体にするために

健康な体にするために

 

私たちの腸内環境を良くしてくれている善玉菌。生まれたばかりの時は、善玉菌が悪玉菌よりも多く存在していますが、ストレスや食生活によって善玉菌が減っていきます。そして、悪玉菌が多くなってしまい、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうのです。そのため、腸内環境のことを考えると、ストレスを感じないように生活することが必要となりますが、今日の社会ではそのような生活を送ることは困難です。そのため、食品によって善玉菌を増やしていくことが現実的です。 

 

善玉菌が好むのは乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖です。乳酸菌はヨーグルトやキムチ、味噌などの発酵食品に多く含まれています。身近な食品に多いので、毎日摂取できることがメリットです。食物繊維はごぼうなどの野菜や穀物、きのこ類などに多く含まれています。特に水溶性の食物繊維は善玉菌が直接吸収し、増殖するのでおすすめです。

 

海藻やきのこ類、こんにゃくに多く含まれています。オリゴ糖も食物繊維とおなじように善玉菌の栄養となります。大豆や牛乳、バナナなどに含まれていますが、含有量が少ないため、食品から効率的に摂取するのは難しいかもしれません。サプリメントを使用したほうがよいでしょう。ただ、一度に大量に摂取してしまうと、腹痛や下痢を引き起こしてしまうので注意が必要です。