乳酸菌と美肌の意外な関係

乳酸菌と美肌の意外な関係

 

肌と内蔵には深い関係があることをご存知でしょうか。しっかりと肌の手入れをしているのに、なかなか肌がきれいにならない。そのような方は腸内に悪玉菌が多いことが、肌が綺麗にならない原因かもしれません。

 

研究によって、腸内に悪玉菌が増えると肌を綺麗に保てないということがわかっています。生まれたばかりの赤ちゃんは肌がとても綺麗ですよね。肌の生まれ変わりが早いということもありますが、腸内に悪玉菌がいないから綺麗なのです。悪玉菌が腸内で増えていきますと、様々な成分が吸収しにくくなります。そのため、美容成分を取り入れたとしても吸収されないために、効果が出にくくなるのです。ですから、腸内から悪玉菌を減らすことが美肌につながるのです。 

 

腸内から悪玉菌を減らすには乳酸菌を摂取しましょう。乳酸菌を摂取することで、善玉菌の動きが活発になり、悪玉菌が増加することを防いでくれます。また、食生活が悪い人は改めましょう。不規則な食生活は悪玉菌を増やしてしまいますので、野菜や果物を食べるなど、バランスのとれた食事をするように心がけましょう。すぐに効果がでるわけではありませんが、知らないうちに効果が出てきます。あなたも腸内をきれいにして美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。